読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fate/Grand Order を始めて4ヵ月の軌跡

こんばんわ。よこじです。

正月にFGOを始めてからそろそろ4ヵ月経とうとしているので、区切りとしてその軌跡を振り返ってみようと思います。

1月~きっかけ~

元々Fateにはちょっと触れていて、2年前くらいにリアフレとFate/zeroを一挙鑑賞させられたのが始まり。サーヴァントの戦闘シーンかっけえって思った。

そのあとなんかのきっかけで登場人物や設定を調べたりアニメstay nightやUBWも見たりした。UBWはテレビ放映があった時に毎週見てた気がする。

昨年の秋にvita版の原作(Fate/stay night [Réalta Nua]、Fate/hollow ataraxia)を借り、stay nightは年末までに完走。hollowはFGO始めた後の2~3月にやった。

そして昨年の大晦日にFGOのアニメを見てFGOを始める機運が高まり、始めることに。

 

ツイートの通り、初手課金をする。ちなみに人生初のソシャゲ課金。有償石限定の☆5確定福袋ガチャが実施されていたためであった。なお福袋ガチャはクラスごとに分かれており、何も知らないぼくはどのクラスのガチャを引こうか悩んでいた。そんなときTwitterで「ライダーなら☆5が4体いるけどそのうち3体は当たりで強いよ」って話を聞いたのでライダークラスのガチャを引くことに。

結果。

ケツァル・コアトルを引いた!周りの人曰く当たりらしい(実際当たり)のでよかった。当時はわからなかったが、今振り返ると☆5ライダーってドレイク、オジマン、コアトルと優秀な鯖ばっかでなるほどなぁと思う。

 あとリセマラで☆4確定ガチャを前もってやってたが、その結果はエミヤ、ステンノ、ベオウルフ。あと福袋の余った石を消費したらナーサリーも当たる。

トーリーでは、コアトルとエミヤとナーサリーに加えとてもつよいフレンド鯖を借りて6章中盤(ガウェイン)まで順調に進めた。

あと途中で山の翁ピックアップがあったときに10連を引いてみたら…

 すごい!勝ち!でも当時はなんでこのキャラがそんなに人気なのかわからず。

 で、ストーリーでは、6章のガウェインで初めて全滅し、対策を調べてフレンドのエウリュアレを借りて突破。割とギリギリだった。

 おい、誤字をするな。

そして7章まで駆け抜け、始めて1ヵ月以内に終章に辿り着く。間にお月見イベントを挟みながら。イベント礼装限凸、素材全回収をした。

 

2月~人理修復(第1部クリア)と初めての高難度攻略、そして1.5部~

 当時実装されてたメインストーリーの中で最後である終章を進めた。当時の戦力はコレ(+マシュ)。

道中では回避連打キャスターのアイツを起源弾コアトルを借りることで突破するなど順調に進め、ラスボスはフレンドから対策鯖である絆礼装ヘラクレスを借りて令呪コンテを使用して辛くも勝利。

やったね。

メインストーリー終わった後も休みはなく、イベントに手を伸ばす。まずは巌窟王高難度に挑戦し、石を使うも突破。このころにマシュマーリン@1の耐久戦術の有効性に気付く。

 続いてバレンタインイベント。こちらはツイキャス有識者に教えを請いながらなんとかノーコンでクリア。マシュマーリンコアトルが強すぎた。

 

そうこうしているうちにメインストーリーに1.5部が実装され、特に苦戦することもなく終了。終章までと比べ、育成がかなり進んだことを実感した。困った時はマシュマーリンコアトル。

 

3月~育成、スキル上げ、新たな戦力~

ここまでのイベントで素材がほどよく集まっていたので、ノリでマシュのスキルを1つ上げ切ったのがスキル上げに手を付けるきっかけとなった。

 まずは最初からお世話になってる☆5であるコアトルのスキラゲに手を付けた。

 

 思ったより素材が苦しくて苦悶している図。

しかし、春休みということでニートであったぼくは、その有り余る時間を使ってフリクエ周回をし…

 スキルマを果たした。

そんな中新たな戦力が…

 なんと呼符で☆5の三蔵ちゃんを引く。早速最終再臨にとりかかる。八連が足りなくて聖都市街に籠った記憶がある。

あと3月後半はぐだぐだ本能寺を消化して初めて配布鯖ノッブを手にいれた。

 

4月~今に至る~

この頃は周回鯖を育てようと思った。スキルマでNP20をばらまける優秀なサポート鯖エレナがいつの間にかおり、ぐだぐだ明治維新の特攻鯖なのも重なりエレナの育成を始めた。

 またスパルタクスの育成もして、種火・宝物庫周回メンバーとしてアーラシュ、スパルタクス、エレナ、ニトクリスを揃えた。

あと、ぐだぐだ明治維新でQPを大量に獲得したため、かねてからやろうと思ってた聖杯転臨を行った。もちろん対象は初期から現在までお世話になっているコアトルさん。

 そして現在の戦力はこちら。

 

最後に~当面の目標~

  • コアトルのスキルを全部10にしたい

今はQPがないが、コアトルのスキルを何とかして全部10にしたい。フォウマは既にしてあるので、これが達成できれば完全体。

現在レアプリが1(ステンノ)、マナプリが3600程度である。あとマナプリ1400程度集めて限凸モナリザを手に入れ、サポートに出すことで今までお世話になったフレンドに恩を返したい。

 

FGOについてはこんなものです。フレンドの皆さん、今後もよろしくお願いします。あとAPお漏らししないように頑張ります。

【WCS2017】雨クワガノン【第7回ばしオフ!優勝】

こんばんわ、よこじです。

3/19(日)に開催された第7回ばしオフ!(30人規模、WCS2017ルール)で優勝しました。外部の大会では初めての優勝となり、大変嬉しかったです。

 

以下構築紹介です。

 

<構築紹介>

ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
ペリッパー ねっとう ぼうふう おいかぜ まもる きあいのタスキ
  ひかえめ 135-*-120-161(252)-121(4)-117 あめふらし
CS:ぶっぱ
ゴルダック ハイドロポンプ れいとうビーム アンコール まもる ミズZ
  ひかえめ 155-*-98-161(252)-101(4)-137(252) すいすい
CS:ぶっぱ
ガブリアス じしん ドラゴンクロー いわなだれ どくづき こだわりスカーフ
 

ようき 183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)

さめはだ

AS:ぶっぱ
クワガノン 10まんボルト むしのさざめき エレキネット エナジーボール とつげきチョッキ
  ひかえめ 183(244)-*-110-181-116(164)-76(100)  ふゆう

HD:フィールド補正ありのC182カプ・テテフのエスパーZ(サイコキネシス)耐え

S:Sランク-1状態の準速テッカグヤ抜き

メタグロス コメットパンチ しねんのずつき バレットパンチ アームハンマー カクトウZ
  177(172)-205(252)-150-*-110-101(84) クリアボディ
S:追い風下130族抜き A:ぶっぱ H:余り
カビゴン おんがえし ギガインパクト 10まんばりき ワイルドボルト こだわりハチマキ
  ゆうかん 235-178(252)-117(252)-*-131(4)-31 あついしぼう
AB:ぶっぱ

 

この構築を組む時の流れとしては、まず、ペリッパーゴルダックの並びで、初手ミズZによる強烈な縛り性能・追い風による後発の展開が単純ながら強いと考え、これをベースとしました。その後、雨の苦手な要素を一つ一つ穴埋めしていきました。

スタンダードなPTでは、カプ・コケコとカミツルギカプ・レヒレなどが雨に対して強気に出れるため、それらに対して強く出れるクワガノンを採用しました。前者2匹はミズZで飛ばせるものの、S上昇や猫騙し、タスキ等で行動保証されている場合は脅威となります。またもう一つの大きな勝ち筋として地震を通していくガブリアスを採用しました。クワガノンペリッパーとの横及び縦の相性も良好です。

残り2枠は他天候・トリックルームへの対策としました。厚い脂肪カビゴンに対晴れ、霰、トリックルームの役割を、メタグロスに対砂(ギガイアス)、霰、ポリゴン2カビゴンの役割を持たせました。

 

<個別解説>

ペリッパー

技については、一致技のねっとう、ぼうふうが確定。相手の追い風への対処として追い風。残り1枠にはワイドガードも候補であったが、初手ゴルダックと並べたときに両守るをしてアンコールを決める場面が多そうと思ったのでまもるを採用。そもそもワイドガードを恐れて全体技を撃ってこないと踏んでるのもありました。

持ち物は、コケコの前でも追い風する行動保証がほしいのできあいのタスキ


ゴルダック

ミズZ補正で最大火力を叩き出すハイドロポンプ、命中安定の削りかつ通りの良いれいとうビームが確定。続いて、ミズZを恐れて守ってきたときや追い風を使ってきたポケモンにアドバンテージを取れるアンコールを、猫騙し等に対して大事に扱うためのまもるを採用しました。

持ち物はすいすいと雨補正とのシナジーで強烈な縛りをかけられるミズZ。

 

ガブリアス

持ち物がこだわりスカーフ。素の状態でもカプ・コケコを上から処理でき、初手ミズZ+αで荒らした後の掃除が可能。じしんで拘ってもペリッパークワガノンが浮いているため問題ないです。

技は、一貫がとれてかつ高威力の範囲技で勝ち筋に繋がるじしん、水との攻撃範囲がよいドラゴンクロー、浮いている相手への打点かつ味方を巻き込まずに相手全体を削りたいときのいわなだれ、カプ系相手への打点となるどくづきで完結。

ようきASぶっぱにスカーフなのは使い回し個体というしょうもない理由なのでいじっぱりにして耐久に割くなどして努力値いじったほうがよい。

 

クワガノン

相手の水への打点となる10まんボルト、安定打点のむしのさざめきが確定。また、隠れたS操作と吸われない電気打点としてエレキネット、雨パの天敵トリトドンへの貴重な殺意を持つエナジーボールを採用。

持ち物は、特殊水等への撃ち合いに有利となるとつげきチョッキを採用。

 

メタグロス

技は、タイプ一致技のコメットパンチとしねんのずつき、先制技のバレットパンチ、カクトウZと合わせてポリゴン2への殺意を持つアームハンマー。まもるがほしい場面もあった。

持ち物は、ポリゴン2を一撃で落としにかかれるカクトウZ。

 

カビゴン

相手が張ったトリックルーム下で無駄なく暴れるために持ち物をこだわりハチマキとし、技もそれに合わせて最強打点のギガインパクト、安定打点のおんがえし、鋼への打点10まんばりき、水、飛行への打点としてワイルドボルトとした。

 

<選出パターン>

・対スタンダード(基本選出)

ペリッパー ゴルダック + ガブリアス クワガノン

初手ミズZで厄介なポケモンを葬り、裏のガブリアスじしんを通していく。

 

・対天候入り

ガブリアス クワガノン + ペリッパー @1 などして後発にペリッパー置く

@1枠については、ギガイアスキュウコンにはメタグロスコータスキュウコンにはカビゴンを入れたい。

 

・対トリックルーム

ペリッパー ガブリアス or ペリッパー ゴルダック or ガブリアス クワガノン + カビゴン @1

とりあえずカビゴンを裏に置いておきましょう。


〈戦績〉

ばしオフ予選5勝1敗1位抜け 決勝トナメ3-0 優勝

SPLオフ予選4勝3敗 4位予選落ち

↑1戦押しミスで負けた

レートでの実績もほしいですね。


おわり。

CHALK診断(サンムーン対応)作りました

新年あけましておめでとうございます(本記事が新年初めてだったんで)。

よこじです。

 

shindanmaker.com

タイトルの通り、サンムーンの新ポケモンを追加したCHALK診断を作成したのでお知らせします。突発大会等に使っていただければと思います。

リンク先の診断説明にあるように、新ポケモンの排出確率を3倍にしました(2017/02/06時点)。ピックアップ。

ポケモン引けなくても、自由枠に新ポケモン入れたり、新技やZ技の要素が加わっているので前作とは違った楽しみ方ができると思います。

 

では以下収録ポケモン一覧です。

 ==============================================

★…メガシンカ

赤字…元ネタのCHALK構成ポケモン

青字…サンムーン新規ポケモン(排出確率3倍 2017/02/06時点)

 

【C】32種類

Charizard…リザードン

Clefable…ピクシー

Cloyster…パルシェン

Chansey…ラッキー

Crobat…クロバット

Corsola…サニーゴ

Camerupt…バクーダ

Cacturne…ノクタス

Crawdaunt…シザリガー

Claydol…ネンドール

Cradily…ユレイドル

Castform…ポワルン

Chimecho…チリーン

Clamperl…パールル

Cherrim…チェリム

Chatot…ペラップ

Carnivine…マスキッパ

Cresselia…クレセリア

Conkeldurr…ローブシン

Crustle…イワパレス

Cofagrigus…デスカーン

Carracosta…アバゴーラ

Cinccino…チラチーノ

Chandelure…シャンデラ

Cryogonal…フリージオ

Cobalion…コバルオン

Chesnaught…ブリガロン

Clawitzer…ブロスター

Carbink…メレシー

Crabominable…ケケンカニ

Comfey…キュワワー

Celesteela…テッカグヤ

 

 【H】16種類

Hypno…スリーパー

Hitmonlee…サワムラー

Hitmonchan…エビワラー

Heracross…ヘラクロス

Houndoom…ヘルガー

Hitmontop…カポエラー

Hariyama…ハリテヤマ

Huntail…ハンテール

Honchkrow…ドンカラス

Hippowdon…カバルドン

Heatran…ヒードラン

Haxorus…オノノクス

Heatmor…クイタラン

Hydreigon…サザンドラ

Heliolisk…エレザード

Hawlucha…ルチャブル

 

【A】25種類

Arbok…アーボック

Arcanine…ウインディ

Alakazam…フーディン

Aerodactyl…プテラ

Articuno…フリーザ

Ariados…アリアドス

Ampharos…デンリュウ

Azumarill…マリルリ

Aggron…ボスゴドラ

Altaria…チルタリス

Armaldo…アーマルド

Absol…アブソル

Ambipom…エテボース

Abomasnow…ユキノオー

Azelf…アグノム

Audino…タブンネ

Archeops…アーケオス

Amoonguss…モロバレル

Alomomola…ママンボウ

Accelgor…アギルダー

Aromatisse…フレフワン

Aegislash…ギルガルド

Aurorus…アマルルガ

Avalugg…クレベース

Araquanid…オニシズクモ 

 

【L】21種類

Lapras…ラプラス

Ledian…レディアン

Lanturn…ランターン

Linoone…マッスグマ

Ludicolo…ルンパッパ

Lunatone…ルナトーン

Luvdisc…ラブカス

Latias…ラティアス

Latios…ラティオス

Luxray…レントラー

Lopunny…ミミロップ

Lucario…ルカリオ

Lumineon…ネオラント

Lickilicky…ベロベルト

Leafeon…リーフィア

Liepard…レパルダス

Leavanny…ハハコモリ

Lilligant…ドレディア

Landorus…ランドロス

Lurantis…ラランテス

Lycanroc…ルガルガン

 

 【K】11種類

Kingler…キングラー

Kangaskhan…ガルーラ

Kabutops…カブトプス

Kingdra…キングドラ

Kecleon…カクレオン

Kricketune…コロトック

Krookodile…ワルビアル

Klinklang…ギギギアル

Klefki…クレッフィ

Kartana…カミツルギ

Kommo-o…ジャラランガ

ジャラランガのダメージ計算

仮定

ジャラランガのステータスは, 控え目 181(244)-x-145-167(252)-125-107(12) とする.攻撃側での持ち物による威力補正はとりあえずなし.

攻撃面

もっと想定するポケモンいるけど等倍だらけで似たような耐久ライン相手には同じ結果ばっかなので省略(無振りデンジュモク確2とか).たぶん表にまとめて確定ラインごとにポケモンぶっこんでったほうが見やすそう.

  • カクトウZ補正気合い玉

耐久面

  • 物理(181-145)
    • 無補正A252振りガブリアス(182)のドラゴンクローで確定2発(64%〜76.2%のダメージ)
    • 無補正A252振りギャラドス(177)のこおりのキバで乱数3発(33.1%〜39.7%のダメージ)
    • 有補正A252振り太いホネガラガラ(アローラ)(145)のシャドーホーンで確定2発(53%〜62.9%のダメージ) ※A実数値114以下の太いホネガラガラ(アローラ)だと,確定3発へ.慎重ガラガラというのが流行ってるらしい.
  • 特殊(181-105)
    • 有補正C252振りプレートコータス(150)の威力150ふんかWダメージで確定3発(37.5%〜44.7%のダメージ)
    • 無振りポリゴン2の冷凍ビーム(125)の冷凍ビームで確定3発(37.5%〜45.3%のダメージ)
    • 有補正C252振りペリッパー(161)の暴風で乱数1発 (31.3%)

耐久面の想定がかなり雑.

まとめ

半減しにくさを考慮すると,スケイルノイズの削り性能が思ったより高い.耐久も並以上はあるため,フェアリーさえいなければダメージレースを優位にできるスペックはありそう.

【ポケモンサンムーン】バトルツリースーパーダブル50連勝構築

どうもよこじです。ポケモン完全新作ということで、まずは対戦用持ち物を揃えるためにバトルツリーでBP稼ぎをしました。その過程で50連勝できたのでPTを載せておきます。ダブルは基本的に全体技ぶっぱしてるだけで勝てるのでシングルより精神的負担はかなり軽いと思います。

 

ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
キュウコン(アローラ) 吹雪 ムーンフォース オーロラベール 守る 気合いの襷
  臆病 149(4)-x-95-133(252)-119-177(252) 雪降らし
CS:ぶっぱ。吹雪かオーロラベールで何かしら仕事ができる。
ジャラランガ スケイルノイズ 火炎放射 気合い玉 守る オボンの実
  控え目 181(244)-x-145-167(252)-125-107(12) 防弾
HC:ほぼぶっぱ。スケイルノイズの削り性能と耐久が頼もしい。
メタグロス コメットパンチ 思念の頭突き バレットパンチ 地震 メタグロスナイト
 

陽気 156(4)-187(252)-150-x-110-134(252)

→156(4)-197(252)-170-x-130-178(252)

クリアボディ

→硬いツメ

AS:ぶっぱ。サザングロスよろしくジャラランガとの相性補完が非常に良い
ゲッコウガ(サトシ) ハイドロカノン 悪の波動 冷凍ビーム 熱湯 ミズZ
 

控え目 142(4)-x-82-170(252)-86-174(252)

→142(4)-x-82-225(252)-86-184(252)

絆変化

CS:ぶっぱ。

Zハイドロカノンで1匹抜いて絆変化してもう1匹抜いていく動きが強い。

 

強いと思った点

・ジャラランガのスケイルノイズ

スケイルノイズ…竜/威力110/特殊/相手全体/PP5/使用者の防御が1段階down

とにかく強かった。ジャラランガの耐久とオーロラベールも相まって3~4回ぶっぱできて、それだけで勝負がつく。等倍範囲がべらぼうに広いニンフィアハイパーボイスという感じ。デメリットであるBダウンも元々Bが高いしDは下がらないので全く気にならなかった。

 

キュウコン(アローラ)の雪降らし+吹雪+オーロラベール

S種族値109から、必中吹雪と両壁効果のオーロラベールを両方扱える。このおかげでどの場面でも腐らない動きができるため非常に強力。あられの定数ダメージも相手の襷頑丈潰しに大いに役立った。

 

メタグロスの耐性

ジャラランガの弱点であるフェアリー(×4)、エスパー(×2)、飛行(×2)、氷(×2)、ドラゴン(×2)を全て半減以下に抑えるメタグロスはジャラランガの相方として申し分ない働きをする。サザングロスの使用感に似ている。また、今作からメガシンカ直後でもメガシンカ後の素早さで動けるようになり、様々な相手に対応できるようになった。

 

・サトシゲッコウガの安定した爆発力

ここまで炎に弱めなため、水枠としてゲッコウガを採用。Zハイドロカノンの威力は200かつ必中であり、並耐久の等倍相手なら確実に葬れる性能を持つ。1体倒せば絆変化によりステータスが大幅に上昇するため、更に敵を抜いていくことも可能。雪がくれグレイシアの運ゲーをZ技で何度も回避できた。

 

次は100連勝できたらいいですね。道具集めと並行してレート用の構築も考えて準備しないと。カプが多い環境じゃジャラランガの活躍はキツいかなぁ。

おしまい。

ツイキャスの放送環境について

目次

概要

ぽけてくの後輩である某Nくんがポケモンサンムーン発売を機にツイキャスを始めたいようで、彼に教えるついでにキャス環境についてまとめたいと思った。ここではPCを使ったnintendo3DSソフトゲーム配信を想定した内容となっている。 似たような動機の人にも役立ててもらえれば嬉しい。

今回はツイキャスに必要なものとそれぞれのコスト等をざっくばらんにまとめただけ。細かい手順を知りたければ本記事中の参考リンク先参照。

ツイキャスでできること

参考:ツイキャスとは

Twitterのアカウントを使って不特定多数の視聴者に対して動画の配信ができます。ポケサー界隈がよくポケモンレート対戦キャスなどをしているのを見て、戦法や構築の勉強になった(毒された)方も多いのではないでしょうか。また、大会の運営もキャスで行われることが多いですね。視聴者は配信でリアルタイムにコメントや拍手やスタンプなどを送ってワイワイできます。

時間制限は30分ですが、枠はいくらでも取れるので実質無限です。アド。あと視聴者からコンテニューコインを多くもらえば枠を取る手間が省けます。コイン爆撃でやめどきがなくなることも。コインは余らせても次回の放送に引き継げるのでそこは気にしなくていいです。

3DSゲーム配信に必要なもの

ツイキャススマホ版ならスマホ3DSスマホスタンドや本などでいい感じに固定してゲーム画面を直撮りすればいいです。それだけです。ただ質が悪く操作も不安定なのがネック。

以下ではPC版での配信を想定して説明をします。スマホ版と比べると手間がかかるものの、高画質・高音質でBGMも付けられて操作に余裕がある配信ができます。環境さえ整えればあとは手軽に配信可能です。

VIPで初心者がゲーム実況するには/ツイキャス(PC) のほうにより詳しい説明やセッティング方法が書かれているので、そちらも参考にしてください。

ゲーム画面キャプチャ機材

まずはゲーム画面をキャプチャしてPC画面に表示することを目指します。そのための機材は以下の2種類あります。それぞれメリット・デメリットがあるので事情に合わせて検討しましょう。

  • webカメラ
    • メリット 
      • 金銭コストが安い2000円くらい、安いもの選べば1000円台。
      • TCGSkype対戦にも応用できたり、持ってて損はない。
    • デメリット
      • 画面の写り込み、不意のピントずれなど、画質が悪い。部屋を暗くすれば写り込みは対策可能ではある。
      • 画面固定の手間がかかる。

ゲーム画面をカメラで撮ります。いわゆる直撮り。カメラの性能や価格はこちらによくまとまってます。

  • 偽トロキャプチャ
    • メリット
      • 3DS画面を信号から直接キャプチャするため、画質が良い。写り込みやピントずれなどの問題もない。
      • ゲーム音も直接拾う
      • ポケサーの学祭企画や大会で重宝される
    • デメリット
      • 金銭コストが高い。キャプチャボードの取り付けに25000円程度かかり、偽トロ用の3DSを新たに用意する場合は3DS代が更にかかる

3DSの映像・音声をPCに出力するための装置、キャプチャデバイスを取り付けます。自力で取り付けるのは困難なので、専用の業者に取り付けを依頼することになります。業者はオプティマイズとケイティの2つが有名ですが、後者の評判はすこぶる悪いためオプティマイズのURLだけ貼ります。オプティマイズ・パーツショップ

マイク

PCでもマイクを拾いますが、口から遠いため声が小さい・周りの雑音が大きい環境なら、マイクは別途購入したほうがいいです。1000円未満のものでも十分かと。

PC画面キャプチャソフト

先に説明したゲーム画面キャプチャ方法でPC画面に動画を映し、その画面をPC上でキャプチャしてツイキャスで配信します。ここではキャプチャソフトとしてNDC(ニコ生デスクトップキャプチャ)というフリーソフトを使います。今回はニコ生配信ではないですが、普通に使えます。ゲーム画面のみならず、大会の運営だとトーナメント表等を映すなど柔軟に使えます。

NDCのサイト

ステレオミキサー

PCで再生しているBGMとマイク音をミックスしたいなら、ステレオミキサー機能を導入します。PCに最初からステレオミキサーが入ってたり無料ソフトで対応できたりする場合が稀にありますが、調べるのめんどくさいのでステミキ機能のある外付けサウンドカードを買いましょう。3~4000円の出費です。ぼくは「買わなくてできる!」って試行錯誤して1日半潰した挙句心が折れて買いました。

ぼくはこれを買いました。USB端子に挿すだけなので楽。

詳しい説明やセッティングはVIPで初心者がゲーム実況するには/ステレオミキサーの基礎にあるので参考にしてください。

おわりに

セッティング手順載せたほうがいいのかなぁと思いつつ気力が途絶えたのでここまで。セッティング方法は外部サイトに任せた。

markdown記法のいい練習になりました。

おしまい。

【第4回SPLオフ4位】トノラグポリ2【トリプル】

第4回SPLオフ(ORASレート準拠トリプル・64人規模)で4位になった構築。

構築の経緯としては、ゆぶねくんの構築記事*1を見て、雨ポリ2トリルスイッチが強そうだなぁと感じ、これをベースに考えた。

・重い草タイプの処理をファイヤーに任せた。

・トリル下でも活躍でき、電気の一貫を切るメガラグラージを雨アタッカーに追加した。ワイガ要員としても優秀。

このあたりが変更点となる。

 

大会での個人KPが下から数えて3番目であった。

 

<PT紹介>

ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
ニョロトノ ねっとう れいとうビーム みずのはどう ほろびのうた こだわりメガネ
pic0 ひかえめ 197(252)-*-120(196)-129(60)-120-90 あめふらし
HB:いじっぱりメガガルーラのおやこあいすてみタックル確定耐え C:余り
ルンパッパ ねっとう エナジーボール ねこだまし まもる きあいのタスキ
pic1 ひかえめ 156(4)-81-90-156(252)-120-122(252) すいすい
CS:ぶっぱ
ラグラージ たきのぼり じしん ワイドガード まもる ラグラージナイト
pic2

いじっぱり 189(108)-178(252)-110-*-110-99(148)

→ 189-222-130-*-130-109

げきりゅう

→すいすい

S:すいすい下最速スカーフ80族抜き(準速スカーフランドロスも抜ける) A:ぶっぱ H:余り
ファイヤー ぼうふう かえんほうしゃ めざめるパワー(氷) しんぴのまもり こだわりスカーフ
pic3 ひかえめ 166(4)-*-110-194(252)-105-142(252) ※理想値。使用したのは少しBD低い プレッシャー
CS:ぶっぱ
ナットレイ パワーウィップ ジャイロボール やどりぎのタネ まもる たべのこし
pic4 ゆうかん 181(252)-148(164)-151-*-148(92)-22 てつのトゲ
どんな調整か忘れてしまった。 S:最遅
ポリゴン2 トライアタック シャドーボール トリックルーム じこさいせい しんかのきせき
pic5 なまいき 191(244)-*-126(124)-125-146(140)-58 ダウンロード
HB:いじっぱりファイアローのハチマキブレイブバード確定2耐え S:最遅

 

<良かった点>

・雨ナットポリ2の並びが強力。相手の追い風やトリルに対してトリルで対抗できる。

・ポリ2が優秀。硬くてギルガルドに強いトリックルーマーは偉い。

メガラグラージが採用理由通りの活躍をした。また岩耐性を持つことで岩雪崩を打たせず、結果的に怯み率が減ったような気がした。耐久も火力も思ったより高く、雨ゴリラの名は伊達ではなかった。

・ファイヤーの暴風が一貫しやすく相手への良い圧力となった。同タイプのファイアローと比べ耐久が高く、耐久無振りでもニンフィアのWダメメガネハイボを2耐えする。威嚇による火力低下を気にしなくて良いのもgood。

 

<課題>

・浮いているポケモンがファイヤーしかいないため、ラグラージ地震が撃ちにくかった。代わりに氷打点(冷凍パンチ)が欲しかった。氷技は一貫しがちなので持っておくだけで読みに余裕が生まれるはず。

・雨ミラーの際にファイヤーとメガラグラージの立ち回りが厳しくなる。

・トリル展開した際のファイヤーが腐る。ファイアローなら気にしなくても良いところではある。

・ファイヤーの技を神秘の守りではなくとんぼ返りにすれば天候合戦に有利を取れる。ダクホ対策は雨ルンパであるため神秘の守りの必要性はそこまでない。

 

<妥協してしまったので改善したい点>

・ポリ2の特性がダウンロードであるが、トレースのほうが明らかに強い。ニンフィアやトノルンパ、リザYやカポなどDが高いポケモンが多いトリプルバトルではCが上がりにくい*2。一方威嚇や親子愛をトレースする機会は多く、成功したらアドの塊となるのでトレースが有用。大会前に育成してドタバタしてて特性カプセルを使い忘れた。

・ファイヤーの特性プレッシャーを炎の体にすべき。プレッシャーによるスカーフバレは痛い。炎の体は普通に強い。厳選が難しいのでしゃーないみたいなとこある。そもそもアローを使えばよい。炎の体アローなんて使わない。

 

<おわりに>

事前に立ち回りを練習すればもっと良い順位に行けたかもしれない。可能性を感じる構築だった。

 

<おわりのおわりに>

第4回にしてSPLオフが64人と大規模な大会になった中、4位という結果を残せてとてもうれしいです。運営のゆぶねくんをはじめとしたSPLの方々、対戦してくださった方々、交流してくれた方々、ありがとうございました。

*1:

【ORASトリプル】トノルンパハッサム【S17最終1909】 - (株)フエン温泉

*2:相手ポケモンのBとDの耐久(チョッキなどの計算も含む?)の合計値に応じてAかCが上がる